タグ「カルシウム」の一覧

最近のおかしにはカルシウム配合と書かれているものが多くなりました。


たとえばカルビーのかっぱえびせんもそう。
生のエビを大量に使っているので本来のえびの風味があっておいしいですよね。
社名のカルビーからして「カルシウム&ビタミンB1」の略なのですから、カルシウムを配合する努力をしているのはよくわかります。
そして原料のエビはぜんぶ天然もの!!(知ってました?)
カルビー かっぱえびせん 90g×12袋


ちょっとカルビーの宣伝みたいになってしまいましたが、
それでも、かっぱえびせんでカルシウム不足を解消しようというのは難しい話です。(まず塩分を摂りすぎてしまいますね。

でも、えびはからだにとても良い食材です。

えびカルシウムだけではありません。


えびのビタミンB12は脳の働きを活性化してくれますし、疲労を防止します。
ビタミンB3は記憶力アップに効果があります。
セレニウムは抗がん物質を含んでいます。
ヨウ素は甲状腺の機能を高めます。
亜鉛は免疫力を高め生殖機能を維持してくれます。
他にはビタミンA、マグネシウム、リン、鉄などの栄養素も。


成長期の少年少女も、アンチエイジングを追求したいお母さんも、
えびを食べる機会を増やしましょう。

▼HGHデルタバランスでじっくり取り組んで行こう!▼
HGHデルタバランスの詳細
HGHデルタバランスの詳細

インターネット注文なら24時間いつでもOK!
未成年の場合はお母さんといっしょに注文しましょう。

ここでは昔からさまざまなことが言われている背を伸ばすための食べ物について書きましょう。

身長をすこしでも伸ばそうと、牛乳のがぶがぶ飲んで、小魚をバリバリと食べる原始人状態の人はたくさんいます。
古い迷信を信じて・・・

自分の身長がなかなか伸びてくれない場合、とにかくわけもわからず悩んでしまう事もあるでしょう。
身長を伸ばすには、適度な運動や良好な睡眠、そして、栄養素をバランスよく摂りいれた食事が必要となってきます。
これはまああなたもよくわかっていることでしょう。


ならば、その中の身長を伸ばすための食べ物には、一体どういった物があると思いますか?

まず、身長を伸ばすには、たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といった4つの栄養素が特に必要となってきますので、この栄養素をバランス良く摂取することが基本です。


カルシウムは牛乳や小魚に、
たんぱく質は、卵や豆類に、
マグネシウムはわかめやひじきに、
亜鉛はレバーや牡蠣に含まれています。


知識のない人はカルシウムだけを摂ろう摂ろうとしてしまいます。
ピンときたあなたはやばいですよ(笑


よく、カルシウムを摂取すると身長が伸びると言われていますが、現在ではカルシウムは骨を丈夫にする働きがあるだけで、身長の伸びには無関係と言う事が判っています。

もういちど書きます。
カルシウムは身長の伸びには無関係です。

つまり、身長を伸ばす為にはカルシウムを摂ればいいと言うのは、古い考え方だと思って頂いてもいいでしょう。


また、身長を伸ばす鍵とも言えるものが成長ホルモンです。
その分泌を促しているのがオルニチンと言う栄養素です。
オルニチンはしじみに豊富に含まれていますので、しじみ汁などを頻繁に摂取すると良いでしょう。
協和発酵バイオのサプリメントリメイクオルニチンもオススメです。


アルギニンと言うアミノ酸はチーズに豊富に含まれていて、成長期にはビタミンやミネラル以上に必要だと言われています。
このアルギニンは成長ホルモン分泌に欠かせない栄養素の1つですので、積極的に摂取するようにするべきです。

▼HGHデルタバランスでじっくり取り組んで行こう!▼
HGHデルタバランスの詳細
HGHデルタバランスの詳細

インターネット注文なら24時間いつでもOK!
未成年の場合はお母さんといっしょに注文しましょう。

このページの上部へ